TOKYO ACCESSIBLE DANCE 2024

Adriaan Luteijn NEW CREATION in TOKYO

Adriaan Luteijn, choreographer and artistic initiator of Interaction & Inclusion of the prestigious Dutch dance company Introdans, will collaborate with Japanese performers to create a new piece. This is a rare opportunity in which Adriaan Luteijn, who has continued creating dance works by professional dancers and the disabled, will come to Japan and share with the audience the new possibilities of inclusive dance that transcends borders, age and disabilities.

Japanese Page

Performance/Talk Session/Dance Workshop

Adriaan Luteijn New Creation

Date
January 14, 2024
13:00&17:00 Start
(House opens 30 mins before)
*Talk Session after the show

Price
Regular Ticket 3,000YEN
Pair Ticket 5,500YEN
Disability 1,000YEN
Under 18 1,000YEN
Discount for Minato Ward Resident/Worker/Student
2,500YEN

Venue
SHIBAURA HOUSE
3-15-4 Shibaura Minato Ward Tokyo

Book Ticket

Adriaan Luteijn Workshop

Date
January 13, 2024
13:00-15:00
(Reception starts at 12:30)
*Applicable regardless of dance experience or disability

Capacity
30 people

Price
Regular Ticket 2,000YEN
Disability 1,000YEN
Under 18 1,000円
Discount for Minato Ward Resident/Worker/Student
1,500円

Venue
SHIBAURA HOUSE
3-15-4 Shibaura Minato Ward Tokyo

Book Ticket



Biography
Choreography/Direction
Adriaan Luteijn

Adriaan Luteijn definitely isn’t a standard choreographer. In 1998 he ended his career as a dancer at Introdans, and from this time on he began to develop his choreographic activities for a range of dancers and institutions in the Netherlands and far abroad. In all of his works connection and the human variety are the keywords. He flourishes with the friction and collision happening in his working processes with dancers from usually separated worlds, one of them always a skilled professional. That friction is what delivers the energy. Luteijn enjoys ‘serendipities’, special opportunities that cross his path and that also inspire people with whom he creates. People that come from a wide variety of physical, social, cultural and intellectual worlds.

2003 – Incentive Award from the Dansersfonds ’79
2008 – Kunstfactor Dance Oeuvre Award
2018 – Knight in the Order of Orange-Nassau

Dance
Maho Amakata

変形性股関節症・腰痛椎間板ヘルニア・関節弛緩症。中学校の美術教師を経験後、個性を生かす教育・療育に興味を持ち特別支援学校に転向。ダンステアトロ21でコンテンポラリーを学び、教師をしながら様々な舞台を経験するも骨格の弱さを上回る酷使で故障する。平行して精神医学と心理カウンセリングを学び、現在は心理師として従事。Integrated dance company 響-kyo では、立ち上げ時より関わり、都内、英国、韓国、島根、横浜、高知などで公演出演、ワークショップに参加。2016リオパラリンピック閉会式ハンドオーバーセレモニー、2020TOKYOパラリンピック開会式、第72回NHK紅白歌合戦「マツケンサンバ」に出演。

Alain Sinandja

ダンサー・振付師。神戸市新長田区在住。トーゴ出身。神戸ダンスボックス主催国内ダンス留学で学ぶため2017年、初めて日本に来日。卒業後も日本に残り神戸を拠点に、西アフリカの伝統舞踊とコンテンポラリーダンスを越境しながら独自の作品を制作している。2018年に自身で立ち上げたダンスフェスティバル「AFRICAN CONTEMPORARY NIGHT」は後のHappy African Festival(HAF)へと発展し、多くの観客を動員した。2019年に、振付家・下村唯との共同制作を行った作品は、横浜ダンスコレクションにて振付賞を受賞。同年、山崎広太によるプロジェクト「Darkness Part 3 」に参加し、ニューヨーク公演に出演した。現在も神戸ダンスボックスの様々な企画に参加し、アフリカンダンスクラスを教えるなど、新長田のコミュニティに深く根ざした活動を継続している。

Yoko Izumi

子供の頃ポリオにかかり両下肢麻痺となる。車いすユーザーになり30年余り。
ダンスに出逢う前は、車いすバスケットボール、車いすテニス、チェアスキーなど主にスポーツを中心に活動。
Integrated dance company 響-Kyo の立上げに関わり、コンテンポラリーダンスを始める。これまでに、アダムベンジャミン、鈴木ユキオ、鈴木拓郎、岩渕多喜子、平原慎太郎、横山綾乃などの振付作品に出演。
2018年&2023年 韓国KIADAに出演。
2020TOKYOオリンピック開会式に出演。

Nanami Katayama

4歳よりクラシックバレエを始める。
立教大学映像身体学科卒業。在学中より公共劇場専属舞踊団であるNoismに所属し、国内外の演劇祭などで踊る。その後、身体を極限まで追い詰める過激でダイナミックな振付をする黒田育世率いるBATIKに所属し、日々研鑽している。他にもバレエ、コンテンポラリーダンス、演劇など様々なジャンルの振付家、演出家の舞台や映像作品に出演。東京2020オリンピック開会式出演。現在では身体への好奇心が高じて鍼灸・マッサージの国家資格を取得すべく勉強中。幼児からお年寄り、ハンディキャップの有無にかかわらず、さまざまな人の日常に寄り添うダンスを模索している。

Llon Kawai

日本国内を中心に俳優、ダンサーとして活動中。山田うん、鈴木ユキオ、小野寺修二、北村明子、Inbal Pinto、Avshalom Pollak、Ella Rothchild、近藤良平、平原慎太郎、伊藤郁女など国内外で一線で活躍する振付家・演出家の作品にクリエイションから多数参加し、国内、海外ツアーにも多数参加。ミュージカル、オペラ、MV(米津玄師、Bialystocks等)、映画などで振付・出演し幅広く活動している。近年は大小島真木、ひびのこづえ、森山未來など異ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多数。また全国各地にて、さまざまな年齢を対象としたワークショップを実施している。

Kaho Kogure

photo by Yuka Uesaka

6歳より踊り始める。国内外で自身の作品を発表しながら劇場、ライブ、メディアなど様々な領域で活動。近年はミュージシャンはじめ他ジャンルのアーティストとのコラボレーション、映画/映像作品への振付出演 “beautiful people”S/S 2023 パリコレクション出演など活動の幅を広げている。第6回エルスール財団新人賞受賞。DaBYレジデンスアーティスト。2022年度アーツコミッション・ヨコハマU39アーティスト・フェロー。

Naoya Sakata

高校よりストリートダンスを始めバックダンサーになりたいと一念発起し上京。東京で初めて様々なダンスに出会いコンテンポラリーダンスを始める。 2016〜18年Noism1に所属。国内はもとより海外ツアーなどに参加。 現在はダンスグループzer◯所属。CMや舞台に出演する傍ら、バレエスタジオや専門学校などへ後進の指導、作品提供なども行う。 また中西涼花とのコンテンポラリーダンスユニット”Triangle.”を立ち上げ、ソウル、 ワシントンなどのフェスティバルから招聘を受け作品を上演、CITY DANCE FESTIVALにてCoreography Award受賞。

Masahiro Nomura

photo by 木村雅章

2018年より、障がいの有無を越えて共にダンスを楽しむ「スクランブル・ダンスプロジェクト」のワークショップに参加。以降、『ひかりのすあし』『メタモルフォーゼ』などの作品に出演する。

Kazuyo Morita

photo by 木村雅章

「二分脊椎症・側湾症」を持って生まれ、18歳より表現の世界へ。自らの身体の可能性を日々楽しく考えながら、ダンサー、俳優として活動する。
「Performance For All People.CONVEY」主宰。ヨコハマパラトリエンナーレ、国文祭・障文祭なら、庭劇団ペニノ、アジア太平洋障害者芸術祭など国内外の多数の公演に出演し、TVなどメディア出演も多数。東京2020パラリンピック開会式出演。神戸大学人間発達環境学研究科修士学位取得。第11回北九州&アジア全国洋舞コンクール バリアフリー部門1位。PERSOL Work-Style AWARD 2020 ダイバーシティ部門受賞。


CONTACT: info@landfes.com


Organized by Non-profit Organization LAND FES
Supported by Kiss Port Foundation, Embassy of the Kingdom of the Netherlands in Japan,
Arts Council Tokyo, Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture
Cooperated by Introdans, SHIBAURA HOUSE Co., Ltd

Lighting: Kazuya Yoshida
Sound: JONA Co., Ltd.

Minato City Cultural and Artistic Activities Support Project 2023