LAND FES 運営のために寄付を募集しています

パフォーミングアートでつくる共生社会

NPO法人LAND FES は3つの軸「パフォーミングアート」「地域コミュニティ」「マイノリティ」を創造的に組み合わせたプロジェクトによって、パフォーミングアートの普及ならびに、ライブを楽しむ感覚で人々が参加できる、多様性のある社会づくりを目指して活動しています。
趣旨と活動にご賛同頂ける方は、寄付をお願いします。皆様からの温かいご支援をお待ちしております。

寄付をする

パフォーミングアートで繋げる人と地域

NPO法人LAND FESは2011年より、吉祥寺、西小山、高円寺、中延などの様々な地域で、ダンサーとミュージシャンによるライブを体験するウォーキング形式のパフォーマンスイベント「LAND FES」を開催してきました。2014年〜18年は5年連続で、「JAZZ ART せんがわ」の同時開催イベントとして調布市仙川の街を舞台に上演、2019年には港区芝浦、静岡県沼津、江東区深川などに舞台を広げながら、アーティストの創造性と地域のリソースを掛け合わせた取り組みを行なっています。人が集うパブリックスペースをテンポラリーな舞台に仕立てあげることで、より身近に表現豊かな身体に触れ、多様な形で人と地域を繋げることのできるカルチャーの醸成を目指して活動しています。

パフォーミングアートで引き出す障害を持つ人々の表現

LAND FESは同時に、障害児を対象にしたワークショップを様々なアーティストを講師として招きながら、2014年より継続して実施してきました。これまでに、ダンサーやミュージシャンのみならず、能楽師、狂言師、フラワーデザイナー、青ヶ島還住太鼓伝承者などによるワークショップを開催し、障害児へのパフォーミングアートの体験機会提供を行なっています。2021年には、障害を持つ人々と舞台芸術の分野で活躍するプロのアーティストが共にパフォーマンスを創作し、江東区深川の街の様々な会場で発表を行う「LAND FES DIVERSITY」を開催予定です。障害を持つ人々による表現を街の中で発表することで、ダイバーシティ(多様性)の価値観の推進を目指します。

ウィズコロナの時代のパフォーミングアート

新型コロナウィルスの影響を受け、LAND FESは2020年5月に『LAND FES PLUS』を始動しました。リアルなイベントや公演が制限される中で「Withコロナ時代にパフォーミングアーティストは何を表現できるのか?」をテーマにアーティストがオンラインならではの表現を試行錯誤し、ファンの方々との関係を保ち続けられる場を育てていきたいと想い、オンライン上で立ち上げたコミュニティです。 未曾有のパンデミックにより、LAND FES然り、これまでLAND FESに関わって頂いたアーティストの活動も制限されてしまいました。あまりにも突然に、普段ライブや舞台で活躍するアーティストにとっては、活動自体が非常に困難となってしまったことは周知の通りです。この課題に向き合うために、オンライン上でのプロジェクトをプロデュースしならがら、様々なロケーションを舞台にした『LAND FES』の配信を月1ペースで行い、リモートでも生み出すことのできるパフォーミングアートのドキドキ&ワクワクを追求しています。

ご支援の使い道

ご寄付は、NPO法人LAND FESの運営費として、イベントの実施や配信にかかる制作費に使用させて頂きます。今後も、LAND FESが主軸としてきた3つのアプローチ「パフォーミングアート」「地域コミュニティ」「マイノリティ」を融合させた創造的なプロジェクトを通して、「ダイバーシティ(多様性)」の推進に貢献します。様々なアプローチでパフォーミングアートの拡張を試みてきたLAND FESにしか出来ない価値づくりを目指し、NPO法人として活動を継続していきます。
よろしくお願い致します。

NPO法人LAND FES
代表理事
松岡大

役員
代表理事 松岡大
副理事長 安藤誠
理事 木村智章
監事 伊東勝

NPO法人LAND FES 定款

寄付をする